知っておきたいうつ病の症状や治療方法について

  1. ホーム
  2. うつ病の3つの治療方法

うつ病の3つの治療方法

悩む人

休養による治療

うつ病の代表的な治療内容には、大きく分けて「しっかりとした休養」と「くすり処方」、そして「サイコセラピー」の3つがあります。どの治療方法も、うつ病の症状改善には大切な要素で、3つ合わさることでうつ病は大きく改善します。まずは、「しっかりとした休養」について解説します。うつ病の主な原因は過度なストレスです。この過度なストレスは、働きすぎたり、気を使いすぎたりと、身体も心も酷使しすぎることで発生します。そのためうつ病を治すためには、身体も心も十分に休ませてあげなければなりません。少しでもストレスをためないためにも家でゆっくり過ごす必要があります。しかし、責任感が強すぎたり真面目すぎたりする人は、家で休むことに罪悪感を覚え、休むに休めない人も多くいます。そのような場合は、家族や友達、また会社の仕事仲間がサポートをし、うつ病の方を安心させてあげる努力をしましょう。

くすりによる治療

うつ病の症状はくすりの処方によっても改善させることができます。うつ病の薬は一般的に抗うつ剤と呼ばれ、SSRIやSNRIといった種類があります。抗うつ剤と聞くと、否定的な反応をする方も多くいます。しかし、他の病気で、薬を飲んで症状を抑えたり、痛みを和らげたりするように、うつ病を緩和させるにもくすりが必要なのです。うつ病のくすりは、時間をかけて効いていきます。飲んだ後にすぐに症状が出なくなってポジティブになり、完治するようなことはありません。また、抗うつ剤には、副作用があり、特に服用しはじめの時は、その副作用が現れやすくなります。主な副作用には、吐き気・むかつき・感情のコントロールが効かないといったことが挙げられます。副作用が出始めて服用を止めようとする方もいますが、ほとんどが一時的なもので身体が慣れてくると副作用は治まる傾向にあります。もちろんくすり服用で現れる副作用は誰にとっても不安になる要素です。担当の医師とこまめに話し合いをして、適切なくすりの種類と量を処方してもらうようにしましょう。

セラピーによる治療

うつ病の治療方法の1つに「サイコセラピー」があります。これは日本語では精神療法と呼ばれています。うつ病は精神的な影響で発症してしまう病気なので、一度治ったと思っても人の性格や周りの出来事によって再発してしまうこともあります。このサイコセラピーは、うつ病の再発の防止にも役に立ってくれる治療方法です。サイコセラピーには対人関係療法・支持的精神療法・認知療法の3つがあります。対人関係療法とは、人間関係でストレスをためてしまう方に向けた治療方法です。嫌いな人や苦手な人とのコミュニケーションで無駄なストレスをためないようにどう付き合っていくか、どのように会話するかといった対処方法を専門家と一緒に考えます。支持的精神療法はうつ病治療では多く使われる治療方法で、うつ病の方の悩みや不安を聞きながら共感したり、アドバイスをしたりします。この治療方法で患者の不安やストレスを軽減し、うつ病の回復をはかることができます。もう1つのサイコセラピーが認知療法です。過度なストレスは、ある物事に対して気を使いすぎたり心配しすぎたりすることで発生します。ちょっとしたことでも重大に考えてしまう方のために、ストレスを感じさせない新しい考え方やものの見方を教えます。認知療法で、うつ病になりやすい性格や思考パターンを改善させることができます。これらのサイコセラピーの利用はうつ病改善に大きく役立ちます。